投稿日:2021年6月3日

クッションフロアってどんな床材?

こんにちは!
有限会社ナガヒサ建装です。
弊社では、広島県福山市を拠点に全国各地で、店舗や商業施設・オフィスなどを対象に内装工事を手掛けています。
また、オーダーメイド家具の製作にも力を入れています。
クッションフロアは、フローリングや畳などと同様に、日本の住宅によく用いられている床材の一つです。
洋室・和室を問わずお部屋の雰囲気に合わせられます。
また、施工が安価で済むこともあり、一定の人気があります。
今回は、「クッションフロアってどんな床材?」をテーマにメリットやデメリットなどご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

クッションフロアとは


クッション性のある塩化ビニール素材で作られたシート状の床材がクッションフロアです。
厚さ1.8mm~3.5mmのシート状の床材で、敷くだけの簡単な施工で床材の交換可能です。
また、クッションフロアには住宅用と店舗用があります。
不特定多数の人が利用する店舗用は、住宅用に比べて耐久性・防汚性が高く厚めに作られています。

クッションフロアのメリット

・木目や柄、タイルなど、デザインのバリエーションが豊富
・床材の中では比較的安い
・防水性がある
・DIYでも簡単に施工できる

クッションフロアのデメリット

・表面が柔らかいため、重いものを載せるとへこみやすい
・湿度に弱い
・熱に弱い
・見た目が安っぽい

クッションフロアの掃除方法

クッションフロアの掃除では、基本的に乾いたモップや掃除用ワイパーでホコリを吸着した後に、掃除機をかけてゴミを取り除きます。
次に、固く絞った雑巾などで水拭きをし、最後に乾拭きで仕上げます。
掃除の仕上げとして、水気や洗剤が残らないように、しっかりと乾拭きをすることが重要です。
キッチンのクッションフロアの油汚れは、中性洗剤や重曹を使うときれいに落ちます。
ただし、クッションフロアの表面はビニール素材で柔らかいため、研磨剤入りの洗剤を使用すると、床面を傷つけたり、劣化させたりしてしまうため、注意が必要です。

内装工事業者へのご用命はありませんか?


ナガヒサ建装では、新規お取引を受付中です!
店舗や商業施設・オフィスなどを対象に、内装部分の工事を総合的に請け負っています。
お客様のニーズを的確に把握した、最適なプランをご提案いたします!
また、ナガヒサ建装は、オーダーメイド家具の製作も得意としております。
図面の作成から家具の製作・設置までトータルで対応!
熟練の職人による丁寧で迅速な作業をお約束いたします。
内装工事・家具製作ならナガヒサ建装にお任せください!
まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

内装工事・家具製作の仕事にチャレンジしてみませんか?

ナガヒサ建装では、内装仕上工事などに携わる「現場スタッフ」、オーダーメイド家具の製作などに携わる「工場内スタッフ」を募集中です。
経験者・未経験者ともに大歓迎です。
一から丁寧に指導しますので、未経験者の方も安心して飛び込んできてください。
福利厚生も充実させ、長期にわたり働きやすい環境を整えてお待ちしています。
ぜひお気軽に採用情報よりご応募ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

有限会社ナガヒサ建装
〒720-2114  広島県福山市神辺町大字上竹田616番地
TEL:084-960-1885 FAX:084-960-1887


関連記事

実績紹介 スクリーン

実績紹介 スクリーン

会社ならでは☆

会社ならでは☆

当社には手作りの活用している家具や什器達がいます☆ほんの一部ですが、ご紹介します☆ まず什器搬入口の …

実績紹介 家具

実績紹介 家具

これらの家具は全て弊社で作製いたしました。 …

お問い合わせ  採用情報